熱気球ってどうやって浮かぶの?

熱気球は簡単に言えば、大きな風船です。風船の中の空気が温まることで 風船内の気圧が上がり、外気圧との気圧差で浮き上がります。
反対に風船の中の空気が冷えると、気圧が下がり、風船の重みで落ちてきます。
まず、気球内に大型扇風機で空気を送り込み、ある程度膨らんだらガスバーナーで空気を暖めて、気球内の気圧を高めます。
気球内の気圧が高くなると、徐々に気球が立ち上がり、気球の浮力と気球自身の重さが均等になると、バランスよく立ち上がります。
さらに、ガスバーナーで空気を暖め続けると、気球が浮かび上がり、 離陸します。
係留フライトはロープで気球を固定していますので 、約30mの高度で気球が止まります。
降りる時は気球内の空気が冷えることにより、皆様の体重の重さでゆっくりと降下を始めます。降下速度を落とすために、
少しガスバーナーを焚いてブレーキをかけて着陸します。

燃料の種類

プロパンガスを液体のまま噴射してバーナーを燃焼させます。
ご家庭で使うガスの約4ヶ月分を30分で使い切ります。

バスケットの素材

籐(とう)を編み込んでいて壊れにくく、
着陸時の衝撃を吸収してくれます。

機体本体の素材

ポリエステルを使用しています。引張力に強い素材ですが、
水分に弱く劣化するため、雨の日には使用できません。


高さ 17.4m
17.2m
開口部直径 4m
体積 2600立方メートル
気球皮重量 110kg
バスケット 50kg
バーナー 20kg
ガスボンベ 80kg
係留ロープ 30kg
搭乗制限 300kg(大人4人くらいまで)